台湾の結婚式の伝統や風習

台湾での結婚の風習・流れ

台湾では、結納金を新婦の親に贈るという風習がありますが、場合によっては小切手を渡すこともあります。
「これから娘さんをもらい受けて、ご両親の側から離れてしまいますので、せめてもの援助金です」というような意味合いがあると考えられています。
お金に関してはシビアな面を持つ台湾ならではの風習と言ってよいでしょう。

台湾では、日本とは異なり、結婚式が2度行われます。
日本では、新郎新婦の結婚式となりますが、台湾では、まず新婦側の親族、友人を集めて婚約式を挙げて、その後、新郎側の親族、友人を集めて結婚式を行うという流れになります。
近年は、日本と同じように新郎と新婦の結婚式として行うようになってきましたが、基本のスタイルは、新婦側、新郎側で婚約式や結婚式を行うという風習があるようです。

台湾の結婚式に招待する人数と費用

結婚式の披露宴に招待する人数は、少ない場合は50人程度、少し多い場合では100~200人程度、大人数の場合には500人規模の結婚式が行われることも珍しくありません。
台湾は、新婦側の婚約式、新郎側の結婚式がありますので、合計すると1000人規模の招待客にお祝いされる計算になります。

結婚式の費用は、少人数の結婚式であれば4~5万円程度で済みます。
少し多い人数で100~200人の場合は100万~150万円、大規模の場合は数百万円程度になりますので、2回行うとして200万~300万円になります。
日本の結婚式の相場が300万~500万円と言われていますので、日本の結婚式とあまり変わらないと考えてよいでしょう。
気になるご祝儀ですが、友人との親交の深さによって異なります。

普通の友達であれば、6000円程度、親しい友達でも7500円程度ですので、結納式と結婚式に参加することを考えても、日本と比べるとかなり安いご祝儀で結婚式に参加することができます。

台湾の結婚式の風習

台湾の結婚式では、引き出物は特に用意しないのが一般的です。
プチギフトという感覚で、チョコや飴を招待客に渡すことがありますが、日本のようにカタログギフトや新郎新婦の写真が印刷されたお皿等が入った引き出物、引き菓子を渡す風習はありませんので、そういう点では、結婚式の費用は日本よりも格段に抑えられます。

また、台湾の結婚式は、基本的に参加者が多く、たくさん人を招待した方がお得ということになり、開催する側である新郎新婦が儲かることがほとんどです。
盛大に結婚式を行った後は、豪華新婚旅行を楽しんだり、欲しいものを買ったりするようです。

二次会は、基本的に日本と変わらず新郎新婦によってするしないを決め、友人を集めて行います。
台湾では、結婚式そのものがラフな感じで行われますので、二次会も堅苦しくなく、結婚式の延長のような感覚で参加する人がほとんどです。”