伝統を受け継ぐスコットランドの結婚式とは

スコットランドの結婚式の風習について

スコットランドの結婚式は、イギリスで見られるようなスタイルとは異なります。
結婚式は特有の伝統やしきたりに従って行われていますし、スコットランド人は結婚式にまつわる迷信を受け継いでいるそうです。
スコットランド人の間では、花嫁は結婚式当日、家から会場に向かう時には右足から歩き始めないと呪われるという迷信もある程です。

スコットランドの田舎では、花嫁のブーケに枝付きのホワイトアイビーを忍ばせるという伝統が広く根付いており、花嫁の母親がこっそり差し込んでおく役割をしています。

スコットランドの広い地域で、「ウエディング・スクランブル」という習わしがあります。
これは、教会を出る時に新郎新婦が車に乗り込む際、花嫁の父親がひと掴みのコインを教会の前にいる子どもたちに投げるというもので、新郎新婦に富を運んでいると信じられています。

スコットランドの結婚式の流れ

主に、花婿はキルトとタータンを織り上げたショールを用いるのが一般的で、花嫁はタータンを織り上げたショールなどを着用しています。
ウェディングウォークは、新郎新婦と招待客が教会へ向かう公の行進であり、バグパイプかバイオリン奏者が先頭に立ち、花婿は花嫁付添人と並んで歩いて、その次に花嫁と花婿付添人が続きます。

結婚式が終わって、新郎新婦が教会を後にする時、花婿付添人が花嫁付添人の腕をとり、エスコートしながら後に続きます。
迷信を重んじる伝統的儀式では、結婚式の行列は川を1~2回渡ることで、二人に対して幸運がもたらされると信じられています。

スコットランドの結婚式の伝統やしきたり

スコットランドの結婚式にまつわる伝統やしきたりをいくつか紹介します。
「愛の杯」と呼ばれる銀製の酒杯には、取っ手が2つ付いていて、ウイスキーがなみなみと注がれます。
花嫁が最初に手をつけ、その後披露宴会場全体に回されます。
また、「リール」と呼ばれるスコットランド北東部の漁業地域の代表的な伝統舞踊は、新郎新婦と村中の夫婦が参加します。
港を出発点にして、楽隊の生演奏に合わせて踊りながら歩いて村を回ります。

夫婦は自宅の前に来ると、それぞれ踊りから外れ、新郎新婦だけが最後まで踊り続けるという行事になります。

披露宴で最初に行われることが多い伝統的な「グランドマーチ」は、まずバグパイプ、または、オーケストラの生演奏に合わせて新郎新婦が行進し、ダンスを始めます。
その後ろに花嫁付添人と花婿付添人が、その後ろに新郎新婦の両親、最後にそれ以外の招待客全員が踊りに加わります。
この慣習は現在も普通に行われており、一般的な結婚式で必ず目にする伝統文化と言えるでしょう。