タイの葬儀

国民の96%が仏教徒というタイの葬儀

東南アジアでも人気の観光地となっているタイは、国民の約96%が仏教徒という近隣諸国でも珍しい仏教大国です。

日本も地理的に近いアジアの仏教国ということで冠婚葬祭などの儀礼的なしきたりの多くは仏教式によって行われていますが、タイは日本以上に厳しく仏教的な戒律が儀礼で用いられることとなっています。

そのため葬儀の式においては特にその戒律は厳しくなっており、日本で常識とされるマナー以上に守るべきルールが細かく定められています。

一例を紹介するとまず葬儀を行うことになっている寺院を訪れるときには極力肌を露出させてはいけないということになっています。

日本でも喪服は露出が少なく夏でも体を多く覆うタイプのものが出回っていますが、タイではさらに足元は足首よりも上は隠す、腕も隠すといったふうに定められています。

タイの寺院では地元民のための儀礼だけでなく観光客を入れているということもよくありますが、そうしたときにも寺院では肌を露出したまま入っていかないよう入り口で布を借りて覆うようにと注意をされます。

基本的な葬儀の方法はだいたい日本と同じ

葬儀そのものの方法は同じ仏教式ということで日本国内で見かけるものにかなり近くなります。

参列者は式に出るときに入り口で香典としていくらかを渡す風習があり、日本の相場よりも若干低めの金額を渡すこととなっています。

ただし日本と異なるのが香典を受け取った人に品物を渡す「香典返し」はないということで、参列者はそのまま寺院に入り読経に参列してお祈りをしていくことになります。

葬儀における服装は先に体を覆うということで日本と異なることを説明しましたが、服装の色についてはそれほど細かく定められているわけではありません。

日本では一般的に「喪服」として販売されているスーツを着用することになりますが、タイにおいては特にそうした正式なドレスコードはなく、普段着であっても派手さのない露出を抑えたものであれば特に失礼ではないことになっています。

ただし白い服装をする場合には例外的に黒い喪章やリボンなどをつけるようにするように決められています。

葬儀ではまずお願いをしたお坊さんから読経をしてもらい、それが終わったら会食となります。

このときお坊さんを優先的に席についてもらい、最初に食事をしてもらってからそのあとに他の参列者が食べるといった順序が決まっています。