韓国の葬儀

3日をかけて行う「3日葬(サルミチャン)」

韓国も日本と同じように仏教の影響を多く受けてきた国ですが、冠婚葬祭の場面においてはどちらかというと仏教よりも儒教の影響を多く受けているようです。

韓国で一般的に行われている葬儀の方法は「3日葬(サルミチャン)」と呼ばれるもので式を3日かけて行うようになっています。

具体的には1日目に葬儀の準備をし、2日目にお通夜、3日目に告別式という流れです。

日本でもお通夜と告別式の2日をかけて行うようになっていますので概ねの部分が一緒なのですが3日通して一つの式としていることと、3日間はずっと参列者が訪れることになっていることから、その間の食事は式を行うところが持つことになっています。

なお現在日本で暮らしている在日韓国人など韓国籍の人の家庭の葬儀はこの3日葬で行うことが多くなっており、葬儀社によっては3日葬向けのプランを用意していることもあります。

死者に捧げる「クンジョル」というお辞儀

サルミチャンも韓国独特のものですが、それともう一つ日本国内の葬儀と大きく異なっている点として「クンジョル」という深いお辞儀のやり方があります。

日本国内で亡くなった在日韓国人の方の葬儀に生前関わりがあった人が参列することはよくありますが、この「クンジョル」にはとても驚いてしまうことがあるようです。

「クンジョル」とは日本におけるご焼香にあたるものですが、このときにはまず顔の前で腕を組んで頭を下げたあと、その場に膝をついて深く頭を床につくほど倒します。

ちょっと見るとほとんど土下座をしているかのようなので、それを順番に参列者がしていくという様子は初めて見る人にはかなり衝撃的です。

ただし韓国には仏教徒だけでなくキリスト教徒も多く、家がキリスト教という場合には必ずしもこのクンジョルをしなくても失礼にはあたらないことになっています。

他にも一見日本の葬儀と同じように見えて突然に全くことなる風習で儀式をするとう部分がかなりありますので、もし日本国内でも韓国籍の人と親しくしている人がいる場合にはそうした文化の違いは事前にしっかり確認しておいた方がよいかもしれません。