ブーケトスの歴史

ブーケトスの歴史を知っていますか?

チャペルウェディングの最大の山場と言ってもいいのが式終盤に行われる「ブーケトス」です。

ブーケトスは教会から出てきた花嫁さんが後ろ向きでそれまで手にしていた花束を投げ、それを受け取った人が次の花嫁になることができると言われているイベントです。

昔ながらの教会での挙式では必ず最後に行うものとして欧米諸国で行われており、かなり古い映画の中にも花束を投げるシーンは登場してきています。

戦後の高度成長期くらいから一気に日本国内でも行われるようになった西洋風チャペルウェディングでもこの風習は同じように受け継がれていますが、果たしてこのブーケトスの起源はどこにありどういった由来で始められたことなのでしょうか?

ブーケトスの起源を遡ると最も古い記録として残っているのは14世紀くらいの英国でのことで、当時は新婚の花嫁さんの幸せをちょっとでもわけてもらいたいという意味で身につけていた小物を教会から出てきたところで引っ張って取り合ったということがもとのようです。

それが頻繁に行われるようになったことで、それならあらかじめ「次の幸せ」を分け与えるという意味で持っていた花束を投げてしまおうということで始まったと言われています。

ただしこの説も必ずこれがもとという定説になっているわけではなく、他にもいくつかの諸説がありどこが本当の最初かということについては意見が分かれています。

いずれにしても結婚をしたという幸せを次の人にバトンを渡すようにしていきたいという気持がもとになって始まったものであるということは間違いないようです。

他にもあったブーケトスの種類

ブーケトスは花束を後ろ向きに投げるという方法が一般的ですが、実は結婚式の行事として定着するまでにはいくつかの亜種が存在していました。

ブーケトスの起源とされている英国では花嫁の持ち物を渡すという方法だけでなく、花婿側の友人に向けた方法もかつては存在していました。

それが「ガータートス」と言われる方法です。

これはロマンティックなブーケトスとは真逆の少々下世話な方法となっており、挙式が終わったところで花婿が花嫁の使用していたガーターベルトを取って同じように投げることでそれを受け取った人が次の花婿になれるという内容のものです。

別の説としては新婚初夜を迎えた夫婦の部屋に友人が忍び込みガーターベルトを片方盗むという方法が取られていたこともあるというのですから驚きです。

なおもう片方のガーターベルトはとっておいて、子供が生まれたときに髪飾りにするというふうにしていたというのですから全くロマンティックではありませんね。

現在ではウケ狙いで日本のチャペルウェディングでもやっていることがあるようですが、ゲストを前に花嫁のスカートの中に潜り込んでガーターベルトをとるという行為は特に年配世代の人には抵抗感のあるものですから日本ではそれほど根付かなかった模様です。

本家英国では以下にセクシーにガーターを取外すかを競っていたという話もあるくらいなので、ブラックジョークが好きな国民性ならではということになるでしょうか。

時代とともに移り変わってきているブーケトス

一方で日本で独自に発展していったブーケトスの方法もあります。

ここ最近の結婚式でよく行われるようになっているのがブーケトスならぬ「ブーケプルズ」です。

これはあらかじめブーケプルズに参加する人を決めておき、その時になったら候補者が複数のリボンのうち一つを選んで持ち、自分の引いた紐がブーケにつながっていればその人のものになるという方法です。

現代では結婚をしないという女性も増えていますし、他の独身女性のゲストとくらべて年齢が高い人は参加自体をしたくないというふうに考えていたりしますので、そうしたゲストへの配慮として「欲しい人にだけあげる」ということから始まったもののようです。

逆にブーケトスやブーケプルズそのものを行わず、ゲスト全員に対して新郎新婦がくじ引きをしてプレゼントを送るようにするという方法に切り替えている式もあります。

結婚式の時期が比較的遅く招待したゲストのほとんどが既婚者ということも最近では珍しくありませんから、出席者の様子を見ながら臨機応変に変えていくというのが今時のブーケトスのようです。