アメリカの葬儀

アメリカでの一般的な葬儀方法

日本にいてもアメリカのドラマや映画は数多く放映されていますので、比較的アメリカ式葬儀方法は想像しやすいのではないかと思います。

人種のるつぼと言われているアメリカですが、全人口のうち約7割はキリスト教徒とされていますので基本的には葬儀はキリスト教式で行われることになっています。

日本における「キリスト教式」は実際にはアメリカ式で行っていることが多く、国内にあるチャペルを借りきって棺桶をおき、そこに参列する人が訪れて献花をするという方法がとられます。

アメリカ国内では教区が住居地によって定められているため、その地域内で誰かが亡くなった場合には特に何か信仰をしていたということでもなければその教区内のチャペルが葬儀を行うことになります。

通知は死亡広告による伝達が一般的

日本と大きく異なるアメリカ式の葬儀方法として、死亡広告による伝達があります。

アメリカにおいては身内が亡くなったときには個別にはがきなどを送付することはなく、新聞など人が多く見るメディアに広告を出します。

死亡広告では葬儀の場所や日時、遺族からの希望などが記載されるので参列を希望する場合はそれを参考に訪れるようにします。

葬儀は大きく「通夜」「葬儀(ミサ)」「埋葬」の三部で構成されており、教会で式をしてから墓地に棺桶を運びそこに埋葬することになります。

このとき特徴的なのが埋葬する墓地にまで神父・牧師が同行し、埋める直前にもお祈りの言葉を捧げるということです。

葬儀後には会食がありますが、ほとんどがケータリングの立食パーティであり参列する人は自由に参加することができます。