葬儀でタブーな靴-男性-

男性向け葬儀のファッション

葬儀や告別式は、前以て準備する事は出来ない事がほとんどです。
その為、持ち合わせが無く、参列する時に適している服装や、その服装にあった小物を用意するのがとても大変です。

現在、ファッションに関しては、随分寛容になっていますが、冠婚葬祭に関しましては、かなり厳格なルールが根強くあります。
地方ごとに適したファッションが違うので、急な葬儀や告別式で、事前に調べられない場合には、どの地方でも対応できる無難なファッションを揃える必要があります。

このページでは、男性向けの葬儀の服装を紹介するとともに、見落としがちな、靴の選び方をご紹介していきます。
急な葬儀などで迷ってしまった場合には、是非参考にしてください。

基本的な葬儀向けの服装

以前は、遺族や親族などの場合には、正式礼装を着るのが決まりでしたが、現在では、略礼装で出席しても問題ないとされています。
略礼装は、ストライプがない、シンプルなブラックスーツの事です。

以前のように、お通夜、葬儀、告別式ごとに服装を変える必要が無く、すべてシンプルなブラックスーツで出席しても問題ありません。
地方によっては、お通夜は、シンプルなブラックスーツを着用し、葬儀と告別式では、和装の正式礼装で出席するのを推奨する地域がありますが、あくまで推奨ですので、お通夜、葬儀、告別式のすべてを、ブラックスーツを着用しても不相応とは思われません。
ちなみに和装の方が、しっかりしているように見られがちですが、和装と洋装に格の差異はありません。

葬儀向けの靴

葬儀に出席する時に、服装は注意するのですが、足元をおろそかにする方がとても多いです。
とりあえず黒ければ大丈夫だと勘違いしてしまい、しっかり選ばないまま葬儀に出席してしまい、恥をかいてしまう方もいらっしゃいます。
忘れがちな足元も、しっかり気を付けてください。

基本的に、葬儀・告別式は、着飾る場所ではありません。故人の冥福を祈る場所です。
家族、親族の方の心情を考えれば、質素な服装で出席するのは当然の事です。
出席する靴は、光沢のない黒の皮靴で出席するのが好ましいです。

ツヤのあるエナメル素材の靴、サテン素材の靴は相応しくありません。
ベロアやパテント、スエード素材などの靴も同様に、履いて出席する事も避けてください。

上記以外でも、黒の艶消し素材だからといって、ワニ革など、アニマル柄で出席するのも、殺生を連想させれしまうので、葬儀の場にはふさわしくありません。
クロコダイル柄など、アニマル柄が型押しされた靴はさけるのが一般的です。

同様に、黒のローファーや、ショートカットのビジネスシューズのような、少しカジュアルなシューズも、マナー違反と受け取られやすくなります。

シンプルで、光沢のない紐タイプの革靴で出席して頂くことが、もっとも無難で、どの地方でも問題のない靴の選び方になります。
葬儀関係は、いつあるのかわかりません。時間を見つけて先に用意しておきましょう。