清めの塩の使い方

葬儀に参列した後、自宅に入る直前に塩を背中や足元に軽く振ることを「清めの塩」といいます。
昔は自宅の敷居をまたぐ前に使えるようにと、出かける前にあらかじめ小皿などに少量の塩を入れて玄関先に置いて出かけていたものでしたが、最近では香典返しや葬儀終了時の配布物として主催者側から手渡されることも多くなっています。
清めの塩がなぜ使われるようになったかという起源をたどってみると、塩によって「身を清める」「穢れを祓う」という神道の思想にたどりつくようです。
現在日本国内における葬儀の形式はほとんどが仏式であるので、正しくは清めの塩は必要のないもののようにも思えますが、宗派を超えた伝統的な行事として今も残されているようです。

清めの塩が用いられるようになったきっかけは、かつて伝染病で多くの死者が出てしまった時期です。
伝染病で亡くなった人の葬儀に参列をした人が、後に同じく早くになくなってしまうということが続いたため、自宅に入る前にその身を清めておこうというおまじないの意味で広がりました。
その後、どのような原因で亡くなった場合であっても同じように他の家での不幸を自宅にまで持ち込まないという目的のために定着していくことになります。
では、キリスト教のように「死」そのものをけがれたものとして考えない宗教ではどうでしょうか?
仏教の中にも、死ぬことは不幸なことではないという思想がある宗派もあります。
結論からいえば、そのような宗派的な問題にかかわらず、基本的に日本国内で行われる葬儀については必ずといって良いほど清めの塩が渡されるようになっているようです。
ただし、渡されたからといって必ず自宅の前で使わなければいけないということはなく、塩を使うかどうかについては参列をした人の自由な意思に任せるということになっています。
つまり、渡された塩を自宅前で使わないからといって、特にそれがマナー違反というわけではありません。
古くからの迷信を信じる人への配慮と考えた方がよいでしょう。

清めの塩を葬儀のあとに使いたい場合には、参列後に帰宅したときの玄関前で使うようにします。
敷居をまたぐ前に使うのが正式ですが、玄関でも構いません。
葬儀に参列した人が帰宅したのがわかったら、家人の誰かが塩をかるくつまみ、胸、背後から両肩、足元と三箇所にふるようにします。
一人暮らしや家族が出かけている場合など、家人に頼めない場合には自分で同じように振っても全く問題はありません。