喪服の決まりごと

喪服のルール

日本は冠婚葬祭でのマナーやルールが細かく、日本人でも知らないことはたくさんあります。
しかしながら、知らないとマナー違反であったり、失礼に当たることもあるため、学ぶ必要があります。
知らないでは済まされないのです。

例えば着物の合わせを左前にすることは死者を意味するため、最もやってはいけないミスの一つです。
知らないがために本人が恥をかくだけならいざ知らず、身内も恥ずかしい思いをするので注意が必要です。

通夜のマナー

喪服といえばとにかく「黒」であることが常識です。
ただし、急な訃報で急に通夜に参加する場合、喪服で行くことはできません。

むしろ前もって用意していては失礼にあたるため、喪服で行ってはいけません。
喪章もつけないで行くのが礼儀です。

ただし、靴下とネクタイだけは黒にする必要があるため、職場から直行する場合に備え、ロッカーなどに置いておくと良いでしょう。
また、近年はコンビニでも売っている場合が多いので、急な訃報に対応する事は可能です。
光る素材は避ける必要がありますので、ベルトのバックルや時計などは外します。

女性の服装

女性の場合、突然の訃報で通夜に参加する場合、最も気を付けなければならないのはアクセサリーです。
光るものは外していくのがマナーですので、ピアスやイヤリング、ネックレス、指輪は外しましょう。
また、エナメルの靴もNGです。

人が亡くなったのですから喪に服す為、光る素材のものはバッグ、靴、アクセサリー、服の装飾いずれも避ける必要があります。
また殺生を思わせる毛皮もマナー違反となります。

ストッキングは黒が基本ですので、用意がない場合はコンビニなどで購入して履き替えましょう。
冬場は寒さ対策に黒いタイツを履きたいところですが、やはりマナーとしては黒のストッキングを着用しましょう。

急な訃報の場合、靴を履きかえたり、鞄を取り替えることができないケースもあります。
通夜の席ではできるだけ失礼にならない程度に抑える努力をすれば良いでしょう。

葬式のマナー

通夜と異なり、服装は黒一色、肌を露出せず、光物は一切身に着けないで行くのが常識です。
眼鏡も地味なものであるのが望ましく、ネクタイピンやポケットのハンカチも身に着けないのがマナーです。

女性が身に着けることができるアクセサリーは、唯一パールです。
真珠は涙を連想させるという理由で、むしろ身に着ける事が望ましいとされるアクセサリーです。
パールには黒真珠もありますので、持っているといざと言う時に便利です。

派手なネイルも落としていくのが心づかいです。
髪の色までは気にする必要はありませんが、長い髪は結い上げるか束ねるなどで地味に装う努力を示すことが重要です。

メイク

最近は男性もメイクをする時代ですが、葬式の際ではメイクは地味にしましょう。
口紅の色は控えめにし、グロスは避けた方が無難です。

細かいルールが多くて覚えきれない部分もありますが、基本的には地味であることがマナーだということだけ覚えておけば大丈夫です。
通夜と葬式の違いについても、良く考えればわかることですが、形式にとらわれ過ぎて見落とされがちです。
失礼にならない様に、事前にネットで検索するなどして調べておくことが肝要です。