葬式と法事の違いとは?

葬儀のあとに行われるのが法事です

日本における葬儀は大抵が仏教式にとり行われますが、その時葬儀本番のあとにも一定周期でその葬儀の延長になる儀式が行われるようになっています。

代表的なものとしては「初七日」や「四十九日」、他にも「一周忌」「三周忌」といったように命日に合わせて行うものもあります。

葬儀を行う意義はもちろん亡くなった人をすぐに弔い、安寧を願ってお墓に入れてあげることです。

法要というのは仏教の教義においてはそうして亡くなった人があの世の世界にある冥土に向かうにあたり、より安らかな方向に行けるようにという願いを込めておこなうものとなっています。

しかし実際には法要というのは残された遺族のための行事という側面が強く、大切な人を亡くしたショックを仏教行事になぞらえつつも現実的に立ち直っていくための方法として使用されています。

仏教では四十九日で冥土に到達します

仏教においては法事(法要)のことを「追善供養」ということもあります。

これは亡くなった故人を定期的に思い出して偲び、その冥福を願うというために行われるものです。

「冥福」という言葉は「冥途の幸福」という意味の言葉であり、あの世に向かう故人がよい報いを受けられるように願うという意味が込められています。

法要行事でも最も重要とされるのが四十九日で、人は亡くなってから7日周期で閻魔大王などの冥土の王から裁きを受け、最終的に7回めの四十九日で天国地獄のどこに行くかが決まるとされているのです。

つまり四十九日までは最終的にあの世のどこに行くかが決まっていないことになりますので、その間は喪に服し冥福を祈るということが必要になるわけです。