日本における葬儀の歴史

葬儀の方式はそれぞれの国によって大きな差があります。
当然のことですが、人はどの国にいるかにも関わらず必ず最後の時を迎えます。その最期を見送る儀式は、言い換えれば亡くなった人がそのあとどのようになっていくかという文化的・哲学的な見識を示すものです。
近年の日本においての葬儀方法としては、火葬が最も一般的です。
火葬とは亡骸となった遺体を焼却してから葬るというものですが、いつごろから日本で行われるようになっていったかについては、はっきりとわかっているわけではありません。
一説によれば仏教が日本に伝来したことがきっかけではないかとも言われていますが、具体的な広がり方などについてはまだ不明な点が多いようです。

日本最古の葬儀は、おそらく縄文時代からではないかと言われています。
縄文時代には、素掘の穴に遺体をそのまま埋めるという方法がとられていたようで、埋めた後がわかるように土を高く盛ったり、現在の墓標のような石を並べたりした形跡があります。
時代が進むと棺桶を作る文化も生まれてきたようで、石を削ったり木棺を作ったりしてその中に遺体を入れて埋めるようになりました。
日本独自のお墓としては「古墳」と呼ばれる独特の形式をした遺跡が有名ですが、これができたのは紀元前200年~700年くらいの間とされており、現在もまだ残る有名な前方後円墳も各地で作られるようになっています。

その後大和朝廷など文字文化のある文明が発達してからもしばらく、土葬の形式は続けられていきましたが、7世紀頃になってようやく火葬という形式がとられるようになってきます。
仏教が日本に伝来したのは西暦700年ころ(8世紀初頭)とされていますが、それ以前にも火葬によって葬儀を行ったらしき遺跡も発掘されており、正確にいつからということははっきりわかっていません。
火葬が仏教の儀式として完成形を見せるようになったのは、それからだいぶ時間のたった、江戸時代になってからです。

江戸時代に完成した仏葬方式は、そのあと明治維新政府による仏葬禁止令などをくぐり抜けながら現在にいたるまで、大きな変化を見せることもなく伝統的な行事として伝えられてきました。
私達が普段何気なく参列している葬儀には、実は文化や発展の歴史に根ざした深い意味が込められているのです。
人の最後を送るという大切な儀式を行うときには、やはりきちんとそれらの歴史を踏まえた歴史ある会社におまかせをしたいところですね。
参考:公益社の特長(選ばれる理由) || 葬儀なら信頼の葬儀社【公益社】

公益社は昭和7年創業という歴史ある会社で、実績豊富な信頼できる葬儀社です。
80年という歴史の中で培ってきた実績やノウハウがあるからこそ、信頼され、選ばれるのにも納得です。
photo0000-3091