七夕の始まり

七夕とは

七夕とは、日本、中国、台湾、韓国、ベトナムなどで行われている伝統的な年中行事を行う季節の節目の日です。節供や、古くは節日とも言われている節供、節日の一つです。
特に、七夕は、端午の節句と並び、五節句の一つにも数えられる伝統のある日です。

元々、七夕は、「棚機」や「棚幡」と表記されていた事からもわかる通り、お盆の中の行事の一つでした。
お盆で行われていた精霊棚とその幡を安置していたのが、7日の夕方だったため、7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と名前がついたとされています。

その為、七夕は、旧暦の7月7日の夜のことを指していて、日本では7月15日のお盆に関連する年中行事でしたが、明治5年に行われた明治改暦により、お盆自体が、新暦月遅れの8月15日の前後に行われるようになった為に、七夕とお盆の関連性は無くなってしまいました。

現代でも、願い事を書いた短冊に色とりどりの短冊や、網目のように紙を切って作成する「あみかざり」に代表される紙で作成した飾りを笹の葉に飾ります。
他にも、ふきながし、ひしがたつづり、かいだん、さんかくつづり、かいかざり、ちょうちん、いちまいぼし、はさみぼしなど、伝統的なものの他に、すいか、織姫、彦星などを紙で作成するようになっています。
短冊に願い事を書き、おりひめとひこぼしに願い事をするイベントが、保育園でも行われ、日本全土でおりひめとひこぼしにお祈りする日と浸透しています。

織姫と彦星の伝説

琴座のベガと呼ばれる織女星(織姫)は、裁縫の仕事を司る星とされています。
また、鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛星(彦星)は農業の仕事を司る星とされています。
この二つの星は、古くから伝承によって語られてきていることで有名。
旧暦の7月7日に、天の川を向かい合い逢瀬をするというのは、中国で考えられ伝わった物語なのです。

織姫は、機を織るのが好きな女性で、彦星は、牛を牽いて、田畑を耕すことが好きな男性でした。
天の神様は、二人の仲人をし、織姫の結婚相手として、彦星を紹介しました。
ほどなくして二人は結婚するのですが、あまりに相手の事を好きすぎてしまい、それぞれの仕事をしなくなってしまいました。

仕事をしなくなってしまった事を悲しんだ天の神様は、織姫と彦星の間に、大きな天の川を作り、二人を会えなくしてしまいました。
逢えなくなってしまった事がショックで、これまで以上に仕事が出来なくなってしまった二人を不憫に思った天の神様は、しっかり仕事をすることを約束させ、1年に1回だけ会う事を許しました。
七夕の日には、織姫、彦星の下に、沢山のかささぎがやってきて、天の川を渡る橋になりました。
これにより、1年に1回だけ、織姫と彦星は逢う事ができるようになりました。

しかし、かささぎは、七夕の日に雨が降ってしまうと橋を作る事ができません。
そのため、短冊には、七夕の日には晴れますようにと、願い事を書く風習が残りました。

現在の七夕とは、元々、日本にあったた「棚機」と、中国で生まれた織姫と彦星の伝説などが、合わさってできた行事です。