節分

節分とは

節分は、せつぶん、もしくはせちぶんと読みます。
季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた九つある雑節の一つで、「季節を分ける」という意味で節分と言われています。

季節を分ける日は、季節ごとに、立春、立夏、立秋、立冬と、年に4回あります。
その為、本来でしたら、年に4回、それぞれの季節の前に節分はあるはずなのですが、実際には、2月3日しか、節分と呼びません。
それは、1年が始まって、最初に訪れるのが2月3日の節分のため、立春の前日の2月3日が、節分として、一般的になりました。

日本で、春は始まりの季節とされています。
お正月に、新春や、迎春と年賀状に書くように、古来から、春は他の季節よりも大事に扱われています。

その為、他の節分より、2月3日の節分は重要視されました。
江戸時代以降は、2月4日の立春の前日にあたる2月3日を節分と呼んでいます。
その一年で一番最初に訪れる節分の前日に、「今年1年が、健康に、不幸や災害は無い一年になりますように」との願いを込めて、節分行事を行います。

豆まきを行う意味

節分の行事は幼稚園でも行っているので、みなさん節分には豆まきをする事は知っていると思います。
幼稚園の園長先生や、担任の方。自宅では、主にお父さんが鬼役になって豆をぶつけられたりしていますよね。

しかし、以外に知らないのが、節分に豆まきををする意味だと思います。
簡単にですが、節分の意味をご説明します。

節分の由来は、京都であった鬼退治です。
その昔、京都の町に鬼がでて、町のみんなを困らせていました。
力の強い鬼ですから、太刀打ちできずに悩んでいた所、神様のお告げがあり、鬼の大きな目に向かって豆を投げた所、鬼が痛がって退散した事という話からです。

日本において、鬼というのは、魔物や、不幸を象徴する存在でした。
その鬼を倒した豆は神聖なものと扱われました。
魔(鬼)を滅したという言葉から、摩滅=豆と変換され、その年、一年をとして、無病息災でいられるように、豆をまくようになりました。

節分で使用する豆には、きちんとした決まりがあります。
豆は、必ず炒った大豆でなければなりません。

大豆は、そのままですと、目が出てきて成長しようとします。
成長する事自体は良いのですが、豆=摩目と言い換えると、鬼が成長しているように捉えられ、とても縁起が悪いとされています。
豆まきを行う時には、炒った大豆を使用するようにしてください。

大晦日に行われる大掃除も、一年のほこりや汚れを掃除するために行いますが、一年の邪気など、悪いものを無くし、綺麗な身体や、環境で新しい環境で新年を迎える用意という意味でも重要でした。

節分も同様に、新年の無病息災を祈願する大事な役割のある行事です。
一年で最初にくる立春の前日に、しっかり邪気を払い、キレイな環境で無病息災を祈願できるように、これからも節分の豆まきは、しっかり続けて行きましょう。