人日の節句

人日の節句とは

人日の節句は、じんじつのせっくと読みます。読み方を見ても、ピンとこない方も多いでしょう。
この節句は、江戸時代に、幕府が公的な行事・祝日として定めた五節句の内で、最初に登場する節句で、他には、上巳(じょうし)の節句、端午(たんご)の節句、七夕(しちせき)の節句、重陽(ちょうよう)の節句などがあります。
人日の節句は、別名「七草の節句」ともいい、今では、この呼び名の方が浸透していると言えます。

そもそも五節句には、3月3日、5月5日のように奇数が重なっている日が選ばれます。
人日の節句以外は、上巳の節句は3月3日、端午の節句は5月5日、七夕の節句は7月7日、重陽の節句は9月9日のように、しっかり奇数の重なる日が選ばれているのに対し、人日の節句は、1月7日と中途半端な日に設定されています。
これは、1月1日が、元日のため、別格扱いとし、7日の人日を代わりに、五節句に取り入れたためです。

五節句の制度自体は、1873年、明治6年に廃止され、今では休日扱いにはなっておりませんが、ひな祭りや、こどもの日、七夕など、現在でも年中行事の一環として定着しているものがあります。
人日の節句でもある1月7日には、現在でも七草粥を食べて1年の無病息災を願う風習が残っています。

七草粥の歴史

七草粥は、本来、人日の節句である1月7日の朝に食べらる日本の行事食料理ですが、現在では夕ご飯に出されることもあります。
地方によって、色々なアレンジがございますが、春の七草や、お餅などをメインにした、塩味のお粥の事を言い、七草粥を、1月7日の人日の節句の朝に食べると、その年、一年間を病気や怪我をせず、過ごせると言われています。農家の方の場合には、方策祈願としても有名なお粥です。
七草粥は、年末年始の祝膳や、祝酒など、暴飲暴食で弱った胃を休める為にも有効です。

七草粥の原型は、平安時代のはじめ宮中では、既に行われていた記述がありますが、今の七草粥とは、似ても似つかないものでした。
枕の草子にも「正月七日に七種の菜羹を食すれば其人万病なし」と残っています。
現在の七草粥の実際のルーツとされている物は、室町時代に食べられていた汁物という節が有力視されています。

七草粥の作り方

お粥に入れる七草の種類は、時代によってことなり、現代でも、地方ごとに若干の差異があります。
一般的な七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七種類で、前日の1月7日の夜に、まな板にのせ、しゃもじや、包丁の背で叩きながら、細かくする調理法が正式な七草粥の作り方になります。
その際には、「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」という歌を歌いながら作成するのが通例になっています。

七草を細かく叩いた物を、翌日の朝に粥を炊いて、前日に細かくした七草を入れお粥にするのが、七草粥の正式な調理法になります。
現代では、無病息災祈願だけでなく、クリスマスや正月に、お酒や、脂っこい物で疲れた胃を休めるために食べる方が増えています。