大掃除

新しい年を迎える前にやらなければならないこと、その一つに大掃除が挙げられます。

年末になると大掃除をするのが当たり前、というこの日本の文化ですが、一体いつからこの習慣が続いているのでしょうか。

今回は、大掃除についての豆知識をご紹介したいと思います。

 

 

●大掃除の歴史●

大掃除の歴史は長く、平安時代から行われてきたと言われています。宮中で年末に、一年の煤を払う「煤はらい」が習慣化したためです。宮中では、経営と掃除を担当する部署まで設けられていたそうです。しかし、まだこの時代は貴族間でだけ行われていました。

 

大掃除が民間に持ち込まれたのは、江戸時代のことです。

当時は12月13日に大掃除を行うことが決められていました。少し早すぎる気がしますが、年内に大掃除を終わらせようと思ったら、それくらい早く行っても良いかもしれません。

もともと、「家を清めて年神を迎える」という目的で行われていたのですが、現在では「一年の垢を落として新しい気持ちで新年を迎える」という意味合いが強まっています。どちらにせよ、やはり清潔な環境で新しい年を迎えたいものですね。

 

 

●掃除が苦手な人へ●

年末に残された仕事とは言っても、掃除そのものが苦手な人にとっては大きな試練です。

ではなぜ掃除が苦手なのでしょうか。その多くに、“捨てられない症候群”の存在があると言えるでしょう。

 

「まだ使える」「もしかしたら使う機会があるかもしれない」と物を放置している人は、特に注意が必要です。

“いつか”という“その時”は永遠にやってきません。

 

思い出の詰まった物なら、最初はハードルが高いと思われますので、まずは全く使っていないものから捨てるようにしましょう。捨てる勇気を持つことで、あなたの心と部屋が喜びます。

 

 

●掃除をする意義●

掃除をすることで、その場所や物が綺麗になるだけでなく、掃除をした人の心もスッキリします。やはり清潔であることは、気持ちが良いものなのです。

そして大掃除は、一年の締めくくりでもあります。ただ掃除をするのではなく、「来年も良い一年であるように」と願いを込めて、しっかり一年の垢を落としましょう。