お日柄についての豆知識

披露宴のご挨拶で非常によく聞かれるのが「本日はお日柄もよく~」という言葉です。
これは結婚式に限らず何か嬉しい出来事をお祝いするときに、冒頭の文句としても登場してきます。
何気なく聞いていると「お日柄」とはその日の天気や気候状態などのことを言っているのかなと思ってしまいますが、実はこれは暦の上の「六曜」のことを言っています。

六曜とは、国内産のカレンダーの多くに記載されている「大安」や「仏滅」といった言葉のことで、縁起を意識して行事を行う場合には開催日を決めるのに影響を与えます。
一般的に結婚式を行う日付では「大安」がもっとも適した日付とされており、式場の予約をする場合には大安の日付が優先的に埋まっていきます。
反対に結婚式など慶事にふさわしくないとされているのが「仏滅」です。
仏滅とはお釈迦様の命日とされている日付であり、よくないことが起こる日としておめでたい行事はできるだけ避けるようにするのが風習となっています。

六曜が日本に入ってきたのはだいたい14世紀くらいと言われています。
当時日本では足利貴族による政権がしかれていましたが、このときに貴族たちの間で流行したため一般的に普及していきました。
しかしその後七曜と呼ばれる「月火水木金土日」の7つで日付を分ける方法が定着していったため、次第に六曜は廃れていきました。
七曜と六曜は名称が似ていて紛らわしいため、六曜を「六輝」と呼ぶこともあります。

六曜がどのように日付に割り振られていくかというと、月の満ち欠けを旧暦のカレンダーに当てはめるかたちで行われます。
基本的には、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口 という順番で繰り返されていくものとなっているのですが、これが現代の新暦カレンダーになると微妙に日数がずれてしまうこともあり、必ずしもこの順番どおりになっていないこともよくあります。
現代使われている六曜は入ってきたときのものとは少しちがっており、これまでの歴史の中で何度も読み方や名称が変わってきました。

なおお釈迦様が亡くなった日とされているニ月十五日は必ず「仏滅」となり、二月一日は「友引」になると決められています。
順番どおりに六曜が割り振られていても、これらの動かせない基準日があることにより、ズレが少しずつ生じてきてしまうのです。

暦付きのカレンダーはひとつは家に備えておいて、お日柄をチェックできるようにしておくのが日本の文化風習のためには便利です。