年賀状

日本人の年末年始の行事として欠かせないのが、『年賀状』の存在です。

小学生の頃から自分で年賀状を書いて送っていた、という人がいるのではないでしょうか?

そんな私たちの身近にある年賀状、実はその起源やマナーを知らないという人も多いと思います。

そこで、今回は『年賀状』について詳しくご紹介していきましょう。

 

 

●起源●

日本にはもともと、「年始回り」という行事がありました。これはお正月に、目上の人や日頃お世話になっている人のところへ出向いて、新年の挨拶をするというものです。しかし相手が遠方に住んでいたり、あまりにも大勢いた場合など、全ての人のところへお伺いすることはできません。そこで、代わりとして手紙で挨拶をするようになりました。これが『年賀状』です。

 

今では定番となった「お年玉付き年賀はがき」というものは、1949年に民間人のアイディアによって生み出されました。

ちなみに、一般的に普及しているはがきではなく、手作りのはがきを年賀状として出したいという人のために、「お年玉付き年賀郵便切手」という切手も発売されています。

 

 

●年賀状投函期間●

年賀状は新年のお祝いをするものですので、できるだけ元旦に届くようにしましょう。12月の15日~25日の間に投函すると、元旦に届きます。この期間内に投函した場合、年賀状は郵便局で預かってもらい、元旦に郵送されるのです。この特別扱い期間はその年によって変わることもあるので、新聞や郵便局で確認するようにしてください。

 

また年賀状は、松の内と呼ばれる、元旦~1月7日までの期間で出すようにしましょう。この期間を過ぎると、年賀状ではなく「寒中見舞い」となります。

 

 

●喪中●

喪中とは、親族が亡くなった時に、外出や祝い事などを避けて慎ましく暮らす期間を指します。その故人の冥福を祈るとともに、死の穢れを外へ持ち出さないようにする意味があります。

喪中の期間は宗教や宗派によって異なりますが、一般的に、父母や夫が亡くなった場合は約1年は喪中となります。

詳しくはこちらをご参照ください。

(参考URL:http://www.ohnoya.co.jp/faq/dictionary/nenmatsunenshi/)

 

喪中となった場合、毎年年賀状のやり取りをしている人には「年賀欠礼状」と呼ばれる喪中はがきを出します。

また、もし年賀欠礼状を送っていなかった相手から年賀状が届いてしまった場合には、1月7日(松の内)以降に寒中見舞いとして返信し、喪中であったことを伝えるようにしましょう。この際、年賀欠礼状が届かなかったことを相手に詫びることも忘れないようにします。

 

 

●現代の年賀●

メールが普及している現代では、新年の挨拶もメールで済ませてしまう場合が増えています。ネットで知り合った人など、住所を知らない相手に対しては問題ないのですが、上司や恩師など目上の人に対しては、失礼にあたります。

自分が年賀状を貰うと嬉しいように、受け取る相手も嬉しいものです。親しい友人や親族はもちろん、久しぶりに連絡を取る人や日頃お世話になっている目上の人にも、年賀状を送るようにしましょう。

 

スタンプやプリント、手作りはがきなど、最近は凝ったデザインの年賀状を目にします。

沢山の人に出すとなると少し骨が折れますが、それも良い思い出となります。

ぜひ、世界に一つだけの素敵な年賀状を作ってみてください。