お盆と全国の夏祭りについて

日本のサラリーマンにとって半年に一度の長期休暇となるのが8月中旬のお盆の時期です。
お盆は旧暦の7月13日~15日(地域によっては16日)までとなっており、この時期には各家の先祖の霊が現世に戻ってくるものとされ、それを出迎えるためにお供え物を用意したり専用の道具をこしらえたりします。
「お盆」という言葉のもとになっているのは、仏教の「盂蘭盆経(Ullambana:梵語)」で、正しくは盆会(ぼんえ)といいます。
お盆行事は仏教行事の一つであり、古くは日本書紀の記述で宮廷行事として行われていたことが発祥とされています。
ですがお盆は仏教行事の一つでありながら現在ではあまり仏教色はなく、仏というよりも先祖供養としての側面の方が大きくとりあげられているのです。

仏教典においては人は死後輪廻に従って各界へ行き、転生を繰り返すことになっているので、本来先祖の霊がそのままの形で生家に戻ってくるという思想と大きく異なっています。
先祖供養としての御霊帰りは日本においては仏教の教えとはまた別に民間で深く信仰されてきた思想であるため、土着の祖霊信仰が仏教行事の時期を借りて大きくなっていったものと言えます。
土着の信仰であるお盆行事は、そのため画一した方法があるわけでなく、全国でかなりその様式は異なっています。
地方によって魂の迎え方や送り出し方は違っているので、それぞれの風習を調べていくとかなり興味深い差を見ることができます。
地域によってはお盆行事として御霊を迎え入れるとともに、長老である生御霊(生見玉)を主賓として扱うところもあり、生盆といって家の老人を崇めるという風習もあるようです。

夏の景色としてなんとも神聖なものを感じさせてくれるのが、各地で行われる「迎え火」の風習です。
8月13日には夕方頃から先祖の魂を迎えるための炎を野火として焚きつけます。
お墓参りをして墓をきれいに洗ったり掃除をしたりして、最後にろうそくの炎を灯して精霊を呼び込むための儀式を行います。
15~16日になると、今度は再び先祖の霊をあの世に返す「送り火」が焚かれます。
全国的にも大きなお祭りとなっているのが京都の五山送り火ですが、他にも奈良高円山大文字など各地で大きな炎を使ったお祭りが開かれています。
川を使って炎を灯す行事もあり、京都嵐山の灯篭流し、神奈川県の精霊流し、静岡県のかんざんじの灯篭流し、山口県の御手洗湾灯篭流しなどには全国から多くの観光客が訪れます。