男の子の成長を願う「端午の節句」

子供の成長を祝うお祭りごとは数多くありますが、その中でも特に男の子の成長を祈願する行事となっているのが「端午の節句」です。
端午の節句は別名「こどもの日」とも呼ばれており、国民の休日にもなっています。
5月5日は昔から「菖蒲の節句」とも呼ばれていて、香気が強く邪気を払うことができるとされる菖蒲(またはよもぎ)を軒に下げたり、お風呂に入れたりといったことをする日でもありました。
菖蒲の節句がなぜ男の子の成長を願う日となったかについてですが、これは菖蒲(しょうぶ)が勝負と同じ音をしていたことで、戦いに勝つ強い男の子になってほしいという願いに重なったのではないかと言われています。
時期的には江戸時代から男の子のお祭りとしての意味を強めたとされています。

端午の節句が近くなると、デパートなどでは鎧兜をつけた人形が多くショーウィンドウに並ぶようになります。
この鎧兜、または鯉のぼりといった端午の節句につきものの飾りは、どれも「立身出世」を意味するものです。
どうして鯉という魚なのかということは、現在も多くのところで聞かれる「登竜門(そこを通れば必ず出世すると言われている関所)」という言葉のもととなったエピソードからきており、激しい激流を逆上った鯉のようにたくましく育って欲しいという願いがかかっているためです。
また、端午の節句に食べる柏餅も、柏の葉が新しい芽が出るまで葉を落とさないことから家督の安定を願って作られるようになったとされています。

このように、端午の節句はおもに武家社会における男の子の成長のためのお祭りという意味が伝えられるものですが、近年においては特に「男の子」にこだわる必要もなくなってきているようです。
「こどもの日」という言葉のように、女の子供であっても端午の節句にお祝いをしたからといって特に不自然とされることもなくなっています。
ですが、先の3月3日に女の子の成長を祝う「ひな祭り」がある関係で、5月5日を男の子のためのお祭りとして自然に区別がつけられているようです。

ひな祭りにはひな壇を使って雛人形が並べられますが、端午の節句における五月人形はこれとは全く違う意味合いがあります。
雛人形はよく何代にも渡って伝えられていくものですが、五月人形の場合、一人一体として飾られるのがふつうです。
これは、人形が男の子の身代わりとなってくれる厄除けの意味があるためなので、複数の男の兄弟にいる家庭では、その人数分用意する方がよいとされています。