土用の丑の日

土用の丑の日

近年、天然物がとれなくなり、値段が高くなってしまっているウナギですが、日本人は、高くなっても土用の丑の日には、ウナギを食べる方が沢山います。
土曜日じゃないのに何で、土用の丑の日というか知っていますでしょうか。
このページでは、知っているようで知らない「土用の丑の日」について、わかりやすくご説明していきます。

土用の丑の日の由来

最初に、土用の丑の日の名前の由来をご紹介します。「土用」とは、元々「元々土旺用事」と呼ばれていましたが、徐々に省略され、今の土用という名称に落ち着きました。
土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前18日の事を言います。

当時の日本では、中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた「陰陽五行思想」で物事を考える方が多く存在しました。
世の中の森羅万象が木火土金水の五つの組み合わせで成り立つという五行説を、季節にも割り振るというように取りきめたというわけです。

季節は四季と言いますので、木火土金水に対応させようとすると、1個余ってしまいます。「木-春」、 「火-夏 」、 「金-秋 」、 「水-冬」と、このように五行を四季に割り振った所、「土」が余ってしまいました。
そこで、無理やり、「土の性質は、四季それぞれに均等に存在する。」とこじつけ、それぞれの季節の最後の18~19日を「土用」としました。
今では、夏だけに土用があると思われがちですが、実際には四季にそれぞれ土用が存在しています。

次に「丑の日」ですが、こちらは、十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑の事を意味します。
十二支は、現代では、干支としてなじみがあり、一年に一回、順番に使用されているイメージがありますが、昔は、年を数えるだけでなく、 方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われるのにも使用されていました。
映画やドラマなどで、藁人形に釘を打って呪いをかけるシーンを見たことがある方もいらっしゃると思いますが、丑の刻、つまり深夜1時から3時ごろ行う事から「丑の刻参り(うしのこくまいり)」と呼ばれています。こちらは、年ではなく、時間で十二支を使っている例になります。

土用の丑の日に使用されている「丑」は、日にちとして使われています。
今日が寅の日だったら、明日は卯の日のように、12日ごとに「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」が繰り返し訪れます。

ウナギを食べる土用の丑の日は、「土用」(夏の土用の期間。立秋の前約18日間)の中で、最初に訪れた「丑の日」の事を意味します。
そのため、土用の丑の日は毎年変わっています。

うなぎを食べる由来

元々、土用の丑の日と、ウナギはまったく関係ありませんでした。
様々な説があるのですが、一番有力と思われているのが、江戸時代に、いきつけのうなぎ屋さんに、夏に売り上げが下がる事を相談された、発明王の「平賀源内」が、「本日丑の日」という張り紙を貼った事で、うなぎ屋さんが大繁盛し、他のうなぎ屋さんもこぞって真似するようになったため、全国的に土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したそうです。
当時は、丑の日の「う」にかけて、夏場は「う」から始まる食べ物を食べると夏バテしないという風習があった事もヒットの要因だったそうです。