ご長寿お祝いと祝い方

親しい人が長生きをしてくれうのは嬉しいものですが、その年令に応じて贈り物をする風習が日本にはあります。

定年退職の年齢はこれまで還暦となる60歳と決まっていたものですが、最近では60歳でも十分に体の自由がきく人も多く、還暦を期に仕事を辞める人は少なくなりました。

ところでなぜ60歳がひとつの年齢的な契機になっていたかを知っているでしょうか?

日本には年齢を周期ごとに数える十二支という暦がありますが、この十二支では60年は一巡する大きな契機とされており、61歳からは新しく年齢をとりなおすとされています。

このことを本卦還り(ほんけかえり)といいます。

それ以降の年齢についても10年毎に新たな暦がつくとされており、70歳では「古希祝い」、80歳で「傘寿祝い」、90歳で「卒寿祝い」、99歳で「白寿祝い」、100歳で「百寿祝い」と呼ばれます。

これらはそれぞれ意味が込められており、無事にその年を迎えたことを記念にお祝いをしていきます。

 

これらの年齢のお祝いは身内である家族から行うようにするのがlkいまりとなっており、それぞれ「お祝い」と描かれた赤いのし紙で金封を贈ります。

それとは別にお祝いの品物を送ることもよいとされており、そのときにはそれぞれの年齢にあった色にちなんだものをあげるのがしきたりになっています。

61歳の還暦では赤色や朱色、66歳の緑寿では緑色、70歳の古希では紫や紺色、77歳の喜寿でも同じく紫や紺色、80歳の傘寿では黄色、88歳の米寿では黄色、99歳の白寿では白色とされます。

色にちなんだ贈り物として一般的なのが、赤色の場合は赤い座布団やちゃんちゃんこがありますがその他の色についてはそにちなんだものであれば特に品物の特定はされていません。

 

ただしいずれの場合でも注意したいのが、プレゼントには靴下や靴など足元のものは選ばないようにした方がよいでしょう。

これらは足で踏みつけるというイメージがどうしてもついてしまうので、目上の人に対しての贈り物にはふさわしくありません。

また数字の四(し)や九(く)にかかわるもの、慌ただしく動くという意味の時計もできれば避けた方がよいでしょう。

他にもいかにも老人らしいものをおくるのも、これから先の年齢を重ねていくということを考えればあまりよいことではないでしょう。

これら長寿のお祝いはあまり効果なものよりも、使う人の気持ちを考えた安くても便利なものを選んでみてください。あくまでも相手の年齢を尊敬する気持を示すことが大切です。