嫁取婚

嫁取婚の歴史

「嫁取婚」は、平安中期に誕生した「婿取婚」が、鎌倉時代に移行した結果です。
これにより、母系製から、父系製へ大きく転換した事を意味しています。

平安時代の後期から、鎌倉時代にかけて、これまでの形態から、武家社会に移行した事により、生まれた結婚の形です。
武家社会になると、それまでの個人から、「家」が社会の基礎になりました。
税金も、個人にかけずに、家単位で税を負担するようになりました。

古代から、平安時代の中期まで一般的だった夫婦が別居し、夫が妻の実家に逢いに行く「通い婚」から、女性が男性の家に嫁ぎ、同居するという、現代の形にほど近い「嫁取婚」が一般的になりました。
これは、武家という形態が、個人と個人ではなく、家と家の結びつきを重んじるようになったからです。
例えば、同盟を組みたい相手がいた場合には、その相手と親戚関係になる事で、より深く絆を繋ごうという意識からです。
このような戦略結婚は、現代でも若干残っている風習ですが、この頃は、生まれた時点で、結婚する相手がきまっている状態でした。

通い婚から、嫁取婚に変わる過程も、順調だったわけではありませんでした。
もちろん、この頃から男性の方が、力をつけていた背景はありますが、すべて男性が優位だったわけれはありません。
有名な所ですと、源頼朝と結婚した北条政子がいい例です。

北条政子は、元々結婚する相手であった人との結婚をせず、父親の猛反対を押し切って、源頼朝と結婚しました。
北条政子の時代では、まだ女性が結婚しても、夫の姓を名乗らず、実家の性を名乗る事がありました。

そのため、結婚後も親の領地を相続する権利を持っていた為、男性と女性の力関係は、同じ程度あった事がわかります。
結婚後は、夫の土地と、妻の土地を、夫だけでなく、妻も合わせて経営していました。
もし、妻が夫よりも先に死んでしまった場合には、その土地の所有権は、夫には移らず、子供に相続され、夫の土地とは、しっかり別にわけれられおりました。

農村部の婚姻

一般的には、鎌倉自体から、母系製から、父系製へ転換したと言われていますが、これは武家に広まった形式で、身分の高い公家や、農村部に住む、一般の方々は、これまで通り母系製になっていました。
これは、家と家の結びつきが必要な武家と違い、特に、農村部に住み、農家を生業にしている農民にとっては、あまり必要のない制度だったからです。

そもそも、「婿取婚」が広まった背景は、農耕生活が一般的になった頃にに完成した形式なので、これまでとさほど変わった生活をしていない、農民や、公家にとって、武家の婚姻制度に合わせるメリットは無かったためです。
特に、農家を生業にしている家族にとって、娘は年齢的にも大事な労働力ですので、手放したくないですし、婿になってくれる方は、喉から手が出るくらい欲しかった労働力だという事です。
現在、婿取り婚が、廃れてしまった背景は、農耕生活が薄れていった事も理由として考えられます。