結納とは?意味や歴史を紹介

結納とは?

「結納」とは、簡潔に言ってしまうと「婚約を公にする儀式」のことをさしています。
それはつまり、どういう意味なのでしょうか。
「婚約」は2人が将来に結婚を約束することですが、ただの約束ですので手続き等は一切必要ありません。
2人で「将来結婚しよう」とう意思があれば、それでもう婚約は成立していることになります。
ただ、2人の間だけで結婚話をしてその意思が確認できていたとしても、ただの口約束になってしまいます。

この「口約束」を2人以外の人にも知らせて、より確かな約束にしようというのが「結納」です。
結納の儀式をして、結納品のやりとりを行うことで、「結婚を約束しました」ということを両家間でも確認をする意味を持ちます。
いわば、結納は「2人は結婚の約束を交わした婚約者です」ということを宣言したことになります。

婚約を公にする他の方法には、キリスト教徒が教会にて聖職者の立会のもと、神と列席者に誓いを立てる「婚約式」、「婚約式」を元に、神ではなく列席者に婚約の誓いを立てる「人前婚約式」、婚約したことを知らせる「婚約披露パーティー」等があります。

結納の起源・歴史

結納は、日本独自の伝統的な行事と言えるでしょう。
2人の結婚の意思を確認すると共に、両家が新たに結びつくことをお祝いする儀式ということにもなります。
日本のこの結納という伝統行事は、いつ頃から始まったのでしょうか。

結納の起源はなんと、今から1600年程前の仁徳天皇の時代までさかのぼります。
仁徳天皇の皇太子が妃を迎える時に、「納采」という儀式をしたのが起源と言われています。
納采(のうさい)とは、男性が女性の親に贈り物をして挨拶をすることです。
この儀式は、平安時代には貴族の間でも広がっていたそうです。
室町時代には武家に、江戸時代には裕福な商家でも結納・結婚の儀式が行われたそうです。
庶民に結納が広まったのは、明治時代になってやっとのことでした。

結納をする意味ってなに?

結納は、古くは仁徳天皇の時代から、現代まで長い年月をかけて伝わってきたものだと理解できたと思います。
では、結納の儀式を、今もなお昔ながらの伝統的なスタイルで行う意味とは何なのでしょうか。
大きく4つの意味が考えられます。
まずは、「気持ちがあらたまる」ということが考えられます。
結納の儀式をすることで、婚約したんだと改めて実感することで、2人が結婚に向けて責任感を持つようになります。

「両家の改まった挨拶の場となる」とは、考え方の違う両家が、これからも宜しくお願いしますという気持ちを込めて挨拶ができる機会となります。
「婚約を周囲に知らせる」ことで、周りに宣言をしたことになります。
「日本の伝統文化に触れる」とは、なかなか普段は触れることのない伝統的な日本文化に触れることができます。