神前婚がブームに?

結婚式の形

日本の場合、特に国教というものがないため、結婚式の形は主役である新郎新婦が自由に選ぶことができます。
本当は仏教徒だけれども、結婚式は教会で挙げたいという希望も、日本では叶えられるのです。
クリスマスを祝い、ハロウィンを楽しみ、七夕には願い事を短冊に書き、神社ではおみくじを引き、初詣に行きます。

しかし日本人の多くは葬儀は仏式です。
家族や親せきに伝統的な結婚式を強く望まれ、仏式の結婚で文金高島田を着る花嫁も少なくありません。
最近増えているのは、意に染まぬ結婚式を挙げたカップルが、都会のオシャレな結婚式場で親しい人だけを招待して式を挙げ直すケースです。

田舎の結婚式には普段関わりの薄い親戚も大勢参加するため、当の新郎新婦よりも身内の為の結婚式となっているケースもあります。
結婚式は主役が自由にプロデュースするのが主流となりつつある今、むしろ伝統的な日本の結婚式は貴重と言えるでしょう。

人気の神前結婚式

そんな中で不動の人気を誇るのが白無垢に綿帽子の神前結婚式です。
神前結婚式と言うと、三々九度に「かしこみ、かしこみ」という祝詞をあげる神主さんをイメージします。

実は日本の神道の歴史が古いとは言え、神前結婚式は一般的ではありませんでした。
皇室の結婚式は神前式なのは言うまでもありませんが、十二単をお召しになるのが皇室の伝統です。
しかしながら、その始まりは明治時代ですのでそれほど古いものではありません。

一般人が十二単で結婚式を挙げるというのは、ここ一世紀くらいのことで、皇室の影響が大きいのは言うまでもありません。
日本人として厳かな結婚式を挙げたい花嫁も多く、神前式を希望するケースが急増しています。

神籬(ひもろぎ)

神前結婚式は神社で挙げるものですが、必ずしも神社である必要はありません。
結婚式場の多くは、仏式以外は対応できるため式場の選択にはそれほど困らないでしょう。

勿論神社で神前式で挙式をしたいというのであれば、人気の神社の場合予約を取るのが難しい場合があります。
神社以外で神前結婚式をする場合、神籬という神様をお祀りする場所を作る必要があります。

神社はご存じの通り偶像崇拝ではありませんので、神様の形を模した像などがあるわけではありません。
目には見えない神様が降臨した時に憑代となる場所が必要です。
それさえ整える事が出来れば、神社でなくても神前結婚式は可能です。

神社が人気の理由

神前結婚式の花嫁衣裳や花嫁行列など、花嫁が憧れる要素は多々ありますが、やはり神社で結婚式を挙げたいというのは自然の心情でしょう。
ホテルや結婚式場よりも神社が人気の一理由の一つに、費用がリーズナブルなことにあります。
また、いつも神様をお迎えしている場所でもあり、神聖で厳かな気持ちで挙式ができるのも人気の理由です。