憧れの結婚指輪の歴史

結婚式に欠かせないものといえば、永遠の愛を誓う「結婚指輪」です。
現在では省略をして別のプレゼントを選ぶカップルも増えてきているようですが、やはり婚約をしたときに贈られる「エンゲージリング」と、結婚式の場面で交換をする「結婚指輪」は、これから結婚をしたいと考えるカップルにとっては気になるアイテムとなっています。
もともと結婚と指輪を関連付けて考える風習は、欧米諸国のようなキリスト教圏の人から伝えられたものですが、日本においても指輪を結婚の証とする考え方は、かなりすんなりと受け入れられたかのような印象があります。
日本人がこんなにも結婚と指輪に強いこだわりを持つようになったのは、実はダイヤモンドを身につけるというジュエリー業界の発展が大きな関わりをもっていたからです。

まず結婚指輪という風習のはじまりから見てみると、世界最初の結婚指輪は9世紀頃のローマが発祥となっています。
9世紀のローマ皇帝ニコラウス1世が世界で最初に結婚指輪をはめた人物とされており、以降貴族を中心に文化的に取り入れられるようになっていきました。
最初の頃結婚指輪は花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を贈るものとされていました。それが現在のように男女おそろいのものが選ばれるようになったのは、つい最近のことのようです。
「指輪物語」のように人の指にはめる指輪には、アクセサリー以上の呪術的な意味もかなり備わっていました。
結婚指輪においてもそれは例外ではなく、例えば結婚指輪はお守りであり、お産が近づいた産婦は指輪をはめ、それができないときには義母にはめてもらうべきであるという風習があります。
その他にも、花嫁は結婚後ずっと指輪をはめておくべきであり、もし外したら夫の愛が冷め家庭内不和となるだろうというものなど、結婚指輪に関してのエピソードは世界的にかなり多く残されています。

日本において結婚指輪(マリッジリング)が始まったのは、なんとつい最近の1904年に専門のジュエリーショップができたときです。
それ以前にも「ダイヤモンドの指輪」は「金持ち(成金)が持っているもの」というイメージで扱われていましたが、結婚と結びついたのはこのときが最初でした。
戦後1970年代になると、ダイヤモンドの永遠の輝きを結婚の愛の象徴としてのイメージを結びつけるような文化が生まれてきました。
日本における結婚指輪の歴史は浅いものではありますが、職人的技術により現在ではかなり高度なデザインが取り扱われています。

現在では、国内外の様々なブランドが結婚指輪を販売しています。
オーダーメイドの指輪を提供しているブランドも珍しくないため、ブランドに特別な思い入れがない場合は、ダイヤの品質で選ぶことができます。
中でもポンテヴェキオの結婚指輪は、米国の宝石学会資格を持つ宝石鑑定士が選別したダイヤモンドのみを仕入れており、価格の割に高品質なダイヤモンドが使用されています。
婚約指輪を購入する際は、ダイヤモンドの品質も選考基準に入れることをおすすめします。