結婚式の歴史や文化

結婚式は、女性なら誰もが憧れる人生の一大行事です。
日本においては、伝統的な結婚式というと文金高島田と独特の婚礼用の着物を付け、自宅でお客様を招いて行うという方式がかつて一般的に行われてきたものですが、最近ではほとんどの場合で専門の式場が使われています。
結婚式の方法も、日本式の従来型のものではなくキリスト教的なウェディングドレスと教会内で行われるケースがほとんどとなっています。
日本人はふだん全くキリスト教に興味も知識もないのに、結婚式とクリスマスにだけしきたりを重んじると揶揄されることもありますが、「結婚式」というものが現在においては儀式的側面よりパーティーとしてのお披露目会的な役割に変化してきたということでしょう。

ところでその従来型の日本的結婚式とは、いつ頃からどんな文化を背景にはじめられたものなのでしょうか。
実は日本においてはもともと「結婚式」というものはありませんでした。
日本において男女が結婚をする場合「祝言」という言葉のもとに人が集まり、親戚などにお披露目をすることを目的として行われてきました。
このときの「祝言」とは宗教的な儀礼を伴わない、言ってみれば現在行われているパーティー的な結婚式にかなり近いものだったということです。
具体的なロケーションとしては、古い日本映画などに見られるように、大きな家の一室でふすまなどを取りはずし、ずらりと親戚同士が向い合って座るような形で行われていました。

結婚を宗教的儀礼を伴う「式」として行うようになった歴史はまだ浅く、明治の中頃からです。
最初に式として結婚をしたのは皇族で、この頃ようやく現在「日本式」と言われている神前式が始まったようです。
一節によると、キリスト教諸国では男女の結婚を「神との契約」として行う厳かなものとして扱っており、国際化が進むことで結婚を「儀式」として取り扱わない日本は野蛮な文化であるとの見られ方を諸外国からされるようになったことから、ようやく作り上げられた方法であったようです。

■結婚式の歴史:http://www3.ocn.ne.jp/~nw21/rekisi.konrei.html

そのため神前式とはいえ古来の風習があったわけではないので、方法も仏前の祈祷を真似る形となりました。
現在の結婚式において選ばれる方式である「神前式」と「仏前式」が、葬儀の方法と比べてほとんど差がないように思えるのはこのためです。
そのように考えてみれば、現在の披露宴重視の結婚式はもともとの文化として日本に根付いていた方法戻ってきたと言えるのかもしれません。