お見合いの始まり

お見合いとは

お見合いとは、第三者が間に入り結婚を考えている男女が顔を合わせることを言います。
仲介は、二人と親しい方が務め、「世話人」と呼ばれていますが、つい最近までは、男性、女性、世話人の3人での食事会などをお見合いと呼んでいました。

近年、町の結婚相談所や、インターネットを利用した結婚情報サイトなどの、結婚情報サービス自体をビジネスにする人の出現により、結婚を希望している男女が、お互いの個人情報などを、仲介人を介さずに、直接チェックできるようになったため、手軽に結婚相手を探すことができるようになりましたが、結婚情報サービスがきっかけで男女が初めて対面することも、「見合い」と呼ぶ場合がありますので、お見合いの定義は徐々に変わってきています。

結婚情報サービスは、インターネットなどで「会員登録」を行い、会員になっている人に、出会いの場を提供するサービスです。
出会い系と違うのは、学歴や職業、職歴など、様々な情報を精査され、各結婚情報サービス会社の基準を満たす場合にのみ登録をする事が出来ます。
登録には、決められた入会金・サービス利用料を支払う必要がありますが、出会い系と違い、身分の保証がしっかりしていますので、安心して利用する事が出来ます。
審査には、最終学歴に明記した学校の卒業証明書、現在の仕事の源泉徴収票や給与明細書、独身証明書などの書類の提出が要件となる場合がほとんどです。

お見合いの歴史

お見合いの歴史で残っているもっとも古い物は、鎌倉時代です。
現在のお見合いと違い、当時のお見合いは、簡単に誰もができるものではありませんでした。

お見合いは、農民など身分の低い人は行う事はできませんでした。
身分の高い武家・公家・貴族にのみ許された特権だったようです。

お見合いが始まったとされている鎌倉時代は、家と家との結びつきを、非常に重く見ていました。
結婚を行った両家の繋がりはとても強いものとなるとされ、身分の高い人の結婚は、自由ではなく、政略結婚として用いられていました。

家を存続させる為には必要不可欠だった戦略結婚は、決定権はすべて男性側にあり、女性側に、選択権は全くありませんでした。
お見合いから結婚をする女性の役割は、裏切りを防止する人質のような扱いでした。

身分の高い人以外にも、お見合いが定着してきたのは、江戸時代からと言われています。
庶民にとっては、純粋に結婚相手をあっせんしてもらうために使用され、結婚相手のいない人が、親族や近所の仲良くしてくれている方から、相手を紹介してもらい、出会いをおぜん立てしてもらう、つい最近まで主流だったお見合いの形が生まれています。

戦前の日本では、お見合い結婚が主流となり、一般的に広く認知されていました。
江戸時代までに行われていた戦略結婚で、家と家の結びつきを強くしていたように、日本では、結婚により両家の繋がりを強くする意識が高かったので、親族などの仲介により、結婚相手を斡旋してもらい、結婚する流れは自然と受け入れやすかった背景もありました。
当時、結婚した人の中で、お見合いを利用して知り合った方の割合は、七割を超えていたという記録が残っています。