よく耳にする「ジューンブライド」の意味や由来とは

ジューンブライドってなに?その由来とは?

「ジューンブライド」を知らない人はほとんどいないと思いますが、何故「June bride(6月の花嫁)」なのか、意味や起源について知る人はあまりいないのではないでしょうか。
ジューンブライドとは、古くヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」という言い伝えのことになります。

意味や由来は諸説あり、ギリシャ神話の神主ゼウスの妃であり、結婚などを司る女神ジュノの見守る月が6月ということで、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らすことができると言われています。
または、古くヨーロッパでは、農作業の妨げにならないよう3~5月の結婚が禁じられており、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードで溢れていたからという説もあるようです。

日本でジューンブライドといえば、6月の梅雨の季節ですが、海外では乾季になっている国が多く、気候の良い時に結婚式を行うことができると海外挙式を考えるカップルにはいい時期と言えるでしょう。

ジューンブライドの上手な取り入れ方

日本では見事に梅雨の季節となってしまうジューンブライドは、お天気がとても気になる時期です。
しかしながら、アイデア次第では、日本でもジューンブライドを上手く取り入れることができます。

「入籍日(婚姻届出)のみ6月にする」とは、一般的に、6月に挙げる結婚式をジューンブライドと呼んでいますが、「挙式」でも「入籍(婚姻届出)」でも決まりはありませんので、6月に入籍することをジューンブライドとしても何も問題はないでしょう。
天候や心配という場合には、挙式は6月にこだわらず、入籍日だけを6月にするようにしてみるのもいい方法です。

「全天候型の結婚式場にする」とは、日本の結婚式場の中には、雨でも対応できるインナーガーデン、または吹き抜けのテラス空間がある会場があります。
天候に左右されない会場を選ぶことで、雨が降っても晴れの日同様に、ウェルカムパーティーやフラワーシャワーのような演出も叶えることができます。
雨だからと大きな心配をしなくてもよいことになります。

「6月の記念日を選ぶ」とは、あまり知られていませんが、6月には結婚式にぴったりの記念日がたくさんあります。
第一日曜日は「プロポーズの日」、当月12日は「恋人の日」、また「父の日」も第三日曜日にあります。
ジューンブライドに記念日を加えて、その日に合わせた演出をしてみてもいいかもしれません。

「海外ウェディングをする」とは、6月はヨーロッパの国々やハワイ、バリ等のリゾート地が結婚式のベストシーズンですので、海外ウェディングにしてしまうのもいいアイデアです。