今もなお東京に残る「江戸の鳶木遣」とは

江戸の鳶木遣の起源・歴史

「火事と喧嘩は江戸の花」と言いますが、江戸庶民の文化を語る上で、鳶(とび)職の存在は欠かせません。
徳川家が江戸幕府を開いた江戸時代に、日本全国から大勢の人が江戸に集まってきた際、必要となる家屋等の土木作業を一手に引き受けたのがこの鳶職人たちです。
江戸時代の鳶職人は、次第に火消しも兼ねるようになり江戸の花形職業として高い人気を集めていました。

鳶職人はそれぞれ組に分かれて各組が江戸の町を地区別に管轄していました。
その町内のいろいろなお世話をするのも鳶職の大切な役割になっていきます。
神社で祭りがある、神輿行列の出立の時、上棟式の時、新築の家が建ち始めた時等、様々な行事があれば駆けつけ、いなせなはんてん姿の鳶職が歌う木遣歌を聞くことができました。
地域によっては、今でも鳶職人たちは、地域の氏神神社のお祭りのいろいろなお世話を任されています。

「木遣歌(きやりうた)」とは、鳶職人が仲間と力を合わせて土木作業をする際に、息を合わせる為に歌われたのが始まりとされています。
戦後は機械が導入された為、労働歌として木遣歌を聞く機会はなくなりましたが、その伝統文化は「江戸の木遣歌」として昭和31年に東京都の無形文化財に指定されています。

今も残る江戸の婚礼「鳶木遣」

「江戸総鎮守」とされた神田明神では、神前結婚式の際に、新郎新婦が境内を拝殿に向かう参進の時に鳶職人によって木遣歌が歌われています。
結婚式では木遣の前に、新郎新婦の為に作った祝詞(のっと)が行われるそうです。
抜けるような青い空が広がる神田明神の境内に、お腹の底から突き抜ける声が響き渡ります。
はんてん姿の鳶職人が、高らかに木遣を歌いながら、拝殿までの新郎新婦の参進行列を先導してくれます。

先頭は雅楽を演奏する楽人、次いで祭主、木遣の鳶職人、巫女、新郎新婦、参列者と境内を参進します。
「千代田の社の神田明神、社の御前に奉り、盃を交わす(新郎新婦の名前)日本一の晴れ姿、おめでたーやー」という木遣歌の第一声が響き渡ると、境内の空気が一転し、清々しい緊張感が張り詰めます。

現在の東京の鳶職人と木遣

現在では、ご祝儀や祭礼において鳶の木遣が歌われています。
東京都の無形文化財であるこの技芸を担っているのは、東京23区の鳶職人たちが所属している「江戸消防記念会」です。
木遣の稽古は月に3回行われ、出初め式や消防殉職者慰霊祭等、鳶が大勢集って行う木遣の場合には、1週間の通し稽古が行われます。
こうして鳶職人たちは、木遣を代々受け継いできました。
毎年行われる5月の神田祭でも、神田明神から神輿行列が出発する時に、この鳶の木遣を聞くことができます。