結婚記念日を祝う行事

婚姻を済ませ、無事夫婦になってから、1年毎にその記念日を御祝いするという風習があります。
この結婚記念日を夫婦の大切な日として位置づけ、毎年旅行やパーティーなどを開いている人も多いのではないかと思いますが、実はこの結婚記念日という習慣は西洋から伝えられたものです。
夫婦となった二人にとっての記念日であるとともに、その二人の間に授かった子供や孫にとってもその家庭が誕生した日となるので、御祝いをするときは夫婦だけでなく家族や親戚などを含め大勢で御祝いをするのがよいでしょう。
結婚記念日の元祖である欧米では、毎年の結婚記念日が何年目であるかによってその名前を使い分けており、御祝いの席ではその名称にちなんだ記念品が送られるようになっています。
例えば結婚1年めのことを「ペーペーウェディング(紙婚式)」と読んでいることから、パーティーでは食器類を全て紙製のものにし、1年めという節目を祝います。

この記念日の名称は現在では和訳をされてそのまま日本でも使われるようになっています。
中でも大きな御祝いとなるのが、結婚25年目を祝う「銀婚式」と結婚50年めを祝う「金婚式」です。
銀婚式では銀製品の食器や記念の置物などを御祝いする人たちが出資しあって大きなものを購入するのが通例となっています。
金婚式でも金製品が同じように選ばれたりしますが、かなり効果なものになるので代用品として金色のものを送るということもよくあるようです。
銀婚式は結婚25周年目となるので、婚姻後早くに子供が生まれたカップルでは既に社会人となって独立している人も多くなっています。
なので、家族が次の世代に引き継がれたことを祝い顔を見せ合うという意味でも重要な役割となっています。
金婚式になると既に孫が生まれているということもあるので、そちらもより次の世代との顔合わせという意味で共通しています。

その他の呼び名のうち有名なものをいくつか挙げていくと、2年目の【綿婚式】、3年目の【革婚式】、5年目の【木婚式】、7年目の【銅婚式】、10年目の【錫・アルミニウム婚式】、14年目の【象牙婚式】、15年目の【水晶婚式】、30年目の【真珠婚式】、35年目の【さんご・ひすい婚式】、40年目の【ルビー婚式】、55年目の【エメラルド婚式】、60年目(75年目のときもある)の【ダイヤモンド婚式】などがあります。
この呼び方をちょっと覚えておけば、サプライズプレゼントにも使えそうですね。