結婚式の準備

人生において大きなイベントの一つである結婚式は、夫婦となる男女の新たな門出をお祝いする式典です。
一生のうちで何度も経験することはない結婚式だからこそ、会場・ドレス・演出など細部にまでこだわりたいという気持ちになりますよね。
では、結婚式の準備はいつから始めたら良いのでしょうか?

●式の準備●
まず、1年~6ヶ月前には挙式スタイルに合わせて式場を選び、予約を行います。今日本で一番選ばれているのは、キリスト教の挙式スタイルです。

6ヶ月~3ヶ月前になると、衣装選び・写真撮影・演出など、披露宴の細かい内容を決めていきます。特に衣装選びには時間がかかります。何度も足を運んでドレスを試着する方もいるほどです。
また、この時期から招待する人の人数を決めていきます。招待状を送る際に手間取らないように、リストアップも兼ねて進めると良いでしょう。
新婚旅行や新居も、早めに決めておくようにすると、後々慌てないで済みます。

3ヶ月~1ヶ月前の時期になると、招待状を発送します。招待する人の都合や返信までの時間もあるので、遅くとも2ヶ月前には発送するようにしましょう。引き出物を決定したり、受付や余興・スピーチを正式に友人・知人にお願いするのもこの時期です。二次会の打ち合わせも始めておきましょう。

1ヶ月~当日は、披露宴や二次会の最終チェックを行います。また、出席者からの返信を受け、席順を決定します。
新婚旅行などの最終チェックも済ませたのなら、あとは当日に備えて体調管理を行うだけです。式の2週間前には花嫁のためにブライダルエステを施してくれる式場もありますので、ドレスを綺麗に着こなすためにも積極的に受けると良いでしょう。

●結婚指輪の選び方●
最近では仕事柄やアレルギーなどの理由から、普段身に付けない人も増えてきた結婚指輪ですが、多くの女性にとって、憧れのアイテムに代わりありません。

そんな結婚指輪ですが、どうして左手の薬指に付けるのかご存知ですか?
もともと指輪というものは、古代エジプトでパワーアイテムとして身に付けられていました。指輪の交換が結婚式の儀式として定着したのは11世紀頃のことです。古代エジプトで、左手の薬指の血管が直接心臓と繋がっているという言い伝えがあったため、左手の薬指に結婚指輪を付けるようになったそうです。

気になる指輪の選び方ですが、「既製品」「セミオーダー」「オーダー」の3通りあります。
ぜひ、2人だけの素敵な指輪を見つけてくださいね。

(参考URL:http://zexy.net/mar/manual/ring_kiso/chapter4.html)